30代で無排卵気味と診断されても治療したい

無排卵月経は30代の人に多くみられます。月経周期が乱れる、生理がいつまでも続きなかなか終わらない、月経痛がないなどの症状があります。妊娠するには排卵しなければなりませんが、無排卵気味と診断された場合、どのような原因と対処法があるのかみてみましょう。

無排卵月経になる原因

一般的に言われているのはストレスや過度な運動、喫煙、急激なダイエットなどが原因といわれていますが、実は脳の中枢神経部や卵巣機能低下に大きく関わっているのです。

妊娠する体を作るために、脳の下垂体が卵巣に対して、女性ホルモンを出して卵胞を育てるようにと命令します。すると、ホルモンで卵胞内の卵子が育ち、成長すると卵子が卵胞から飛び出していきます。このことを排卵といいます。

卵巣機能低下により、卵巣に卵胞細胞があるのにもかかわらず卵子が育たたないことがあります。また、ストレスなどの原因で脳から正しい命令を送ることができないと、生理不順や無排卵症を引き起こすことにも繋がります。他にも、甲状腺や卵巣、ホルモン分泌などの病気が原因という場合もあります。

無排卵気味の治療法について

すぐにでも妊娠を希望している場合は、排卵誘発剤で排卵しやすくする方法が一般的です。すぐには希望していないけれど、将来のために治療する場合は、漢方薬やピルなどのホルモン剤で様子をみます。漢方薬は体質改善に役立ち、ホルモン剤はホルモンバランスを整え、妊娠しやすい身体を作るための処方です。

30代女性では出産後に月経周期が乱れてそのまま無排卵になるケースもあるようです。60日以上月経がない場合は卵巣機能低下が疑われますので、その場合も早めの受診が必要となります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

    by Mr WordPress 2016年2月26日 10:02 AM

コメントを残す




Menu

HOME

TOP